難聴をサポートする補助具|頻繁にフラフラするなら要注意|めまいの原因と対処法

頻繁にフラフラするなら要注意|めまいの原因と対処法

女の人

難聴をサポートする補助具

カウンセリング

どんな種類がありますか

加齢やケガなど様々な理由で耳が聞こえにくくなる難聴、その難聴を補助するのが「補聴器」です。この補聴器にはいろいろなタイプがあり、選び方に迷ってしまう人もいるようです。補聴器には、機能や装着方法でいくつかのタイプに分かれています。機能としてはアナログタイプとデジタルタイプに分かれます。大きな違いは音を調整するためにコンピュータが使われているかいないかという点です。最近の機種はほとんどが出来たるタイプで、音量だけでなく様々な調整を行うことができ、中には使用状況を学習して自動的に補正を行うものまであります。それに対して古くかあるのがアナログタイプで、微妙な調整も慣れた人間でなければ難しかったりしますが、長年使い慣れた人にはこちらの音質の方が耳に馴染むからという選び方をする人も多いそうです。

使い方で選ぶ

装着方法ではいくつかのタイプに分かれていて、見た目を気にする選び方をする際のポイントとなります。大きく分けると、耳の中にすっぽり収まってしまう超小型の耳穴タイプ、本体を耳に掛ける形で症着する耳掛タイプ、ペンダントやポケット、眼鏡のつるなどに本体を分けておくセパレートタイプなどに分かれます。耳穴タイプは外から見えないため、外観を気にする人に向いていますが、耳穴に合わせるためオーダーメイドになるなど手間やお金がかかるタイプでもあります。補聴器の選び方としては見た目、機能、価格などから自分に合うものを見つけるのが良いでしょう。