聞こえを良くする工夫です|頻繁にフラフラするなら要注意|めまいの原因と対処法

頻繁にフラフラするなら要注意|めまいの原因と対処法

女の人

聞こえを良くする工夫です

ナース

雑音を低減します

加齢により耳の聞こえが悪くなると、治療による回復が難しくなります。そこで補聴器により聞こえをサポートして、負担の少ない環境を整えていきます。聞こえが悪くなった人が補聴器を装用すると、さまざまな周囲の雑音が気になる場合があります。換気扇や冷蔵庫のモーター音が気になる場合には、雑音制御装置を働かせて継続的に鳴っている雑音を低減させることができます。周囲の雑音が少なくなると、相手との会話が引き立ち聞こえやすくなります。会議中にどの方向から話しているのか確認するためにはこの周囲の雑音が邪魔することがあります。このノイズリダクション機能は聞こえをサポートするためには必要な機能で、最近のほとんどの補聴器には標準装備しています。

小型化が進んでいます

補聴器によって聞こえが改善していくと、いろいろな雑音が気になることがあります。例えば、食器を洗っているときに食器同士がぶつかると強い衝撃音となります。突然に生じる衝撃音は、大きすぎる音として抑制する機能が補聴器に内蔵されています。この機能により駅のホームに入ってきた電車の音や、後方から鳴っている自転車のベルの音に驚かなくて済みます。最近ではこれらの機能を装備していても、小型で軽量な補聴器が開発されています。電池のサイズはそのままに装着時のうっとうしさがないため大変便利です。軽度や中等度の難聴だけでなく、高度や重度の場合でもサイズを小さくする技術が駆使されていて、以前のような目立ちやすいサイズによるコンプレックスも感じることが少なくなっています。